脂肪肝|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

し    ぼう かん
脂肪肝(Fatty liver)

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
先生!病気のこと教えてください
 
Facebook
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
トップページ»  脂肪肝

脂肪肝とは

中性脂肪が肝細胞に蓄積して全幹細胞の30%以上が脂肪になっている状態を「脂肪肝」といい、最近ンはメタボリックシンドロームとの関係も指摘されています。
中性脂肪は肝臓が脂肪酸から作って、肝細胞の中にためてエネルギーのもととして必要とされているものですが、使っているエネルギーよりも多く中性脂肪が作られると脂肪肝の状態になります。
脂肪肝には、アルコール性脂肪肝非アルコール性脂肪肝の2種類があります。
脂肪肝は怖くない病気だと思われがちですが、脂肪性肝炎、肝硬変、肝がんと進行していく場合があるので侮れない病気です。特にアルコール性脂肪肝では肝硬変に進行する頻度が高いので注意が必要です。

アルコール性脂肪肝とは

からだに入ったアルコールはほとんどが肝臓で解毒されて体の外へ排出されますが、この解毒過程で肝臓に異常が生じた場合、中性脂肪が増えて肝臓にたまっていきます。さらに、アルコール性肝炎へ移行することが多いので節酒または禁酒が必要です。
個人差がありますが、アルコールは日本酒1合、ビール500mlを1日の目安にするとよいでしょう。

非アルコール性脂肪肝とは

肥満症、糖尿病の人の他に、運動不足、不規則な食事が多い方、食べ過ぎの方がなる可能性が高いものです。肥満症、糖尿病の方は体内でのインスリンの働きが鈍くなるためなりやすくなるのですが、そのほかの要因の方は、余剰のカロリー摂取などで2~3kg体重が増えただけでも脂肪肝になる可能性があります。非アルコール性脂肪性肝炎の原因は不詳ですが、診断や治療方針については専門医の受診が必要です。

診断

超音波検査やCTスキャンなどの画像検査、血液検査で診断をします。血液検査で異常がなくても画像検査で脂肪肝が見つかることがあるので、定期的に健康診断を受けて早いうちに見つけることが重要です。
軽いものであれば日常生活の改善でよくなる可能性があります。

ライフスタイルを見直しましょう!

1.飲酒量を減らしましょう
 休肝日を設けたり、1日の飲酒量を減らしたりしてみましょう
2.カロリー制限をしましょう
 食べ過ぎをなくして減量に努めましょう
3.塩分を取りすぎないようにしましょう
 1日10g以下の塩分を目安にしましょう
4.夜遅く食事をしないようにしましょう
 夜食の習慣は太る原因になり中性脂肪をためやすくします
5.適度な運動をしましょう
 なるべく毎日定期的に無理のない範囲で
 速足で歩く、縄跳びをするなど運動をするようにしましょう
6.ストレスをためないようにしましょう
 ストレスは万病のもとです
 飲酒・飲食以外のストレス発散の方法を身につけましょう
7.規則正しい生活をしましょう
 生活のリズムを整えて規則正しい生活を心がけましょう

一覧を見る

Page Top