花粉皮膚炎|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

花粉皮膚炎

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  花粉皮膚炎

花粉皮膚炎とは

花粉症が原因で起こる皮膚炎は「花粉皮膚炎」と呼ばれています。春によく起こり、他の季節にはあまり発症しないというのが特徴的な病気です。

症状が出やすい部位

  • まぶた

特徴的な症状

  • 目の周りが痒くなって赤く腫れる
  • 目の周りや頬などがピリピリ・かさかさしてくる
  • かぶれのような症状がでる
  • 蕁麻疹のようにかゆみが強く、少し盛り上がった発疹がでる
  • アトピー性皮膚炎がある場合は花粉に触れることによって悪化することがある

治療

抗ヒスタミン剤を中心に、重症な場合はステロイドを含んだ軟膏及び皮膚の状態を安定させる保湿剤を併用します。
この症状が起こった場合、一度治ったと思っても花粉が飛散している限り再発の可能性があるので、内服治療とスキンケアを続ける必要があります。

悪化させる要因

  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 過労・ストレス
  • 偏った食事

予防対策

花粉が洋服や体に付着しないように気を付ける

  • マスク、メガネ、帽子などを使用する
  • 表面がスベスベした素材のコートや洋服を着る
  • うがい、手洗い、洗顔をする
  • 洗濯ものを外に干さず、部屋干しや乾燥機を使用する

部屋の中に入り込まないように気を付ける

  • オフィス、自宅など部屋に入るときに衣服や髪をよく払う
  • 部屋の窓や戸をなるべく閉めるようにして、窓などを開ける時は短時間にする
  • こまめに部屋の掃除をする
  • 空気清浄機などを使用する

皮膚のバリアが洗浄によって壊れないように普段から保湿をこまめに行う事が重要です

一覧を見る

Page Top