霞が関アーバンクリニックについて|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

霞が関アーバンクリニックについて

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  霞が関アーバンクリニックについて

霞が関アーバンクリニックとは

「霞が関アーバンクリニック」は、クリニックならではのフリーアクセスという特色を生かした都心型のクリニックです。「ビジネスマンの生活習慣病などの健康管理」と「リウマチ性疾患、骨・関節疾患や痛みなど様々な免疫系、神経系などの難病」に悩む方々の診療を行っております。このため受診される患者様には事前に予約をお願いしております。

外来担当医について

本クリニックは、医師、看護師、臨床心理士、放射線技師、医療事務などクリニックスタッフ全員でケアチームを形成し、診療を行っております。医師は、東京大学、東京慈恵会医科大学、順天堂大学、聖マリアンナ医科大学、聖路加国際病院など様々な医療研究機関から派遣された各診療領域のエキスパートによって構成されており、看護師は、日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師が中心となって患者様の診療のサポートを致しております。

バイオケアユニット

当院では、生物学的製剤(バイオ製剤)による治療を日本リウマチ学会専門医・指導医をはじめとする経験豊富な専門医、日本リウマチ財団登録リウマチケア看護師を中心とする看護スタッフが担当し、どのようなバイオ製剤にも対応できる体制を整えております。
患者様が初めてバイオ製剤の治療を受けられる際には、経験豊富な看護スタッフが、患者様に治療の目的・効果・副作用、患者様が不安に思われる事などについてご説明いたします。
また、厚生労働省が提唱している「二人かかりつけ医」にも対応しており、各医療機関からご紹介を頂いた患者様の継続治療も行っております。

医療連携ネットワーク

関東地域に限らず全国の多くの医療機関と診療のネットワークを構築しています。また、各医療機関から紹介頂いた患者様の診療も行っております。

Page Top