C型肝炎|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

C型肝炎

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  C型肝炎

C型肝炎及びC型肝炎ウィルス(HCV)とは

C型肝炎とはC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の病気です。
肝臓は体に必要なタンパク質や栄養分の生成や貯蔵、不要となった老廃物や薬物の解毒など人が生きていく上で必要不可欠な機能をもっています。また「沈黙の臓器」と呼ばれているように、変化を感じにくい臓器なので自覚症状がないまま病気が進むことがあります。
HCVに感染すると約70%の方が持続感染者となり、慢性肝炎、肝硬変、肝がんと進行する場合があります。HCVに感染していることが分かった場合はもちろんですが感染の可能性がある方は、症状がなくても検査を受けるようにしてください。

C型肝炎のウィルス(HCV)の感染について

C型肝炎は、C型肝炎ウィルス(HCV)に感染している人の血液や体液から感染します

HCV感染者に使用した器具等を適切な消毒せずに用いてピアスの穴開けや刺青をした場合
傷のある手などでHPV陽性の血液を触ったり、針刺し事故を起こした場合
注射針・注射器をHCV感染者と共有した場合
(感染はまれですが)HCV感染者と性交渉を持った場合
(感染は少ないですが)HCV感染者の母親から生まれた子供

C型肝炎は、HCV感染者の血液や体液が体内に入らなければ感染することはありませんので、下記のような行為をしても感染することはありません

HCV感染者との握手 HCV感染者との軽いキス
HCV感染者と食器などを共有する HCV感染者と一緒に入浴する など

下記の経験がある方は一度検査を受けられることをお勧めします

平成4年以前に、
輸血を受けた方・大きな手術を受けた方・フィブリノゲン製剤の投与を受けた方・
血液凝固因子製剤の投与を受けた方・臓器移植を受けた方
長期に血液透析を受けている方 薬物濫用者、刺青(タトゥー)をしている方
ボディピアスをしている方 過去に肝機能異常を指摘された方

診断と治療について

C型肝炎はHCV抗体検査を始め血液検査、画像検査など様々な検査の結果を総合して診断します。
治療はHCVウィルスを体内から排除することが大きな目的となり、これまではインターフェロンでの治療が主流でした。しかし、副作用が強いこともあり、患者様の中には治療をあきらめてしまう方もいらっしゃいました。
2015年より、ソボスブビルなどの内服の抗ウィルス剤が承認されました。薬価が高額ですが医療費助成制度の対象であり、インターフェロンに比べて副作用が少なく、経口で12週間(約3カ月)の投与で治療効果も高いことから注目を集めています。

一覧を見る

Page Top