ロコモティブシンドローム|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

ロコモティブシンドローム

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは

運動器症候群と日本語に訳されるこの病気は、骨や関節に障害が起こることから移動能力が低下をして、要介護や要介護になる危険の高い状態のことをいいます。寝たきりになったり、介護が必要な状態になると、ご本人やその介護をするご家族の生活の質を低下させてしまうことがあります。ご本人や大切なご家族のためにも、運動器の健康を維持することが大切です。

7つのロコチェック

ロコモになっている可能性を簡単に調べる方法が、日本整形外科学会が提唱している7つのロコチェックです。
以下の表の7つの項目のうちどれか一つでも当てはまる方は、移動能力が低下しているため、ロコモになっている可能性があります。

1 片脚立ちで靴下が履けない
2 家の中でつまずいたりすべったりする
3 階段を上がるのに手すりが必要である
4 家のやや重い仕事(掃除機での掃除、布団の上げ下ろしなど)が困難である
5 2kg(1リットルの牛乳パック2個分)程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
6 15分くらい続けて歩くことができない
7 横断歩道を青信号で渡りきれない

ロコモに関わっていると考えられる3つの要素

1 変形性関節症・
変形性脊椎症
関節や脊椎が変形することにより関節痛や神経痛を引き起こし、運動能力を低下させます
2 骨粗鬆症 骨がもろくなり骨折しやすくなる病的な状態で、ちょっと転んだだけで骨折したり、気がつかないうちに背骨がつぶれ背中が丸くなったりします
3 サルコペニア 筋肉量が減り神経活動が低下する状態で、痩せの他、肥満になることもあります

日常生活での予防

この病気を防ぐためには、運動習慣と正しい食生活が大切です。

運動 片脚立ち 転倒予防のバランス能力を高める運動
1日3回、左右1分間づつ片脚で立つ
スクワット 下肢の筋力を高める運動
両脚を肩幅に開げて立ち、ゆっくりと身体をしずめる
*転倒予防のため、机などつかまるものがあるところで行ってください!
食生活 健康に必要な5大栄養素(炭水化物、脂質、蛋白質、ビタミン、ミネラル)をバランスよく摂ることが必要です
特に、骨や筋肉に必要なカルシウムや蛋白質が不足しないように注意しましょう

一覧を見る

Page Top