痛風|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

痛風

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  痛風

特徴

圧倒的に男性に多くみられる病気です。
西洋では古くからある病気として知られていましたが、日本では明治時代に認識され1960年代になってようやく世間に認められるようになった病気です。

症状

ある日突然、足の親指の付け根の関節が赤く腫れて、大人の男性が2~3日は全く歩けなくなるほどの激しい痛みに襲われます。
この症状は、発作的なものであることから尿酸が原因となって起こる痛風発作といわれています。
ほとんどの場合、1週間~10日たつと治まって、しばらくすると全く症状がなくなりますが、半年から1年たつとまた同じような発作が起こります。血液中の尿酸が増加した状態を高尿酸血症といいます。
また、足首や膝の関節まで腫れはじめ、発作の間隔が次第に短くなってくるのと当時に関節の症状だけでなく、腎臓などの内臓までが侵されるようになってきます。

診断

1 症状が出てから1日以内にピークに達する
2 以前にも同じような症状があった
3 一つの関節だけに症状がある
4 関節の部位が赤くなる
5 関節が腫れている
6 足の親指の付け根の関節に激痛・腫れがある
7 片足の親指の付け根の関節に炎症がある
8 片足の足首の周りの関節に炎症がある
9 血液検査で尿酸値が高い
 

この9つの項目のうち6つ以上当てはまった場合痛風であると診断します。

生活の注意点

1 肥満を解消する 総カロリーを制限する。偏食を避けて多品目を少量ずつゆっくり噛んで食べるように心掛ける
2 アルコールを控える 休肝日を作って、大量に飲まないように心掛ける
3 積極的に水分を摂取する 毎日2リットル以上の水分をとるように心掛ける
4 軽い運動をする ウォーキングなどの有酸素運動を心掛ける
5 精神的ストレスを緩和する のんびりゆっくりを心掛ける
 

一覧を見る

Page Top