線維筋痛症|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

線維筋痛症

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  線維筋痛症

特徴

どの年代にも発症しますが、特に30~50代の働き盛りの女性に多く発症する原因不明の全身の激しい痛みを中心とした病気です。
激しい痛みがあり、発症の要因として大きく外因性(手術・けが・ウィルス感染他)と内因性(生活環境の精神的ストレス他)が考えられています。

症状

全身の激しい痛みに伴って、関節炎症状、睡眠障害、自律神経症状、粘膜系症状などの様々な症状が起こります。
痛みがひどい場合は動くことができず、生活の質(QOL)が低下してしまいます。

診断

2010年に新たに米国リウマチ学会から発表された基準をもとに日本人にあうように作成されたFAS31に患者様自身が記入することにより、症状の活動性を数字として評価をすることができるようになりました。

予後

膠原病や神経疾患などとの鑑別が難しい病気ですが、プレガバリン(リリカ)などの治療薬が承認され、多くの研究者の研究の結果、少しずつ病態が解明されてきています。
また、早期に専門医を受診すれば、普段の生活に困らない程度に症状を和らげることが可能になってきました。

一覧を見る

Page Top