結節性多発動脈炎|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

結節性多発動脈炎

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  結節性多発動脈炎

特徴

40~60歳の男性に多い病気です。 この病気は、中型の血管の動脈壁に炎症が起こる病気です。 各内臓の臓器に向かう動脈やその分枝レベルの小~中等度の太さの動脈に炎症が起こることから、動脈の壁が破壊されたり内腔が狭くなることで、血流の障害や動脈瘤が起こりますが、毛細血管には炎症がないことが特徴です。

症状

全身の血管の炎症のため血流障害が起こるので、全身に様々な症状が出てきます。

  • 全身症状:悪寒や体の震えなどが少ない38℃以上の発熱の持続や、体重減少。また、全身の炎症に伴う倦怠感、頭痛、関節痛や筋肉痛・筋力低下などがあります。
  • 皮膚の症状:両手足、特に下腿に網状の暗赤色の皮疹や、押すと痛い結節状の紅斑、皮膚潰瘍、手足の指の壊死などがあります。
  • 消化管の症状:十二指腸・小腸・大腸へ向かう動脈の炎症のため血流障害が起こると、初期症状として食後に腹痛が出ることがあります。進行すると腸管に穴が開くこと(腸管穿孔)があります。 他にも、腸管の出血による血便・下血、吐き気や嘔吐などがあります。
  • 神経の症状:神経に血流を送る動脈に炎症のため血流障害が起こると、まず手足のピリピリと痛むしびれといった末梢神経の知覚障害が始まります。進行すると手足に力が入らないといった運動障害がでてくることがあります。 脳神経の障害による症状では、脳出血や脳梗塞による麻痺や意識障害などがあります。
  • 腎臓の症状:とても高い頻度で腎臓に何らか障害が起こると言われています。
  • 心臓の症状:あまり多くはありませんが、心臓自身に血液を送っている冠動脈に血流障害が起こると狭心症や心筋梗塞がるため胸痛がでてきます。
    また、深く息を吸った時に増強する胸痛が特徴的な心外膜炎を生じる場合もあります。
  • 眼の症状:眼の動脈の血流障害により、眼底出血や網膜剥離を伴った虚血性網膜症や、虚血性視神経炎など発症することがあり、稀に視力低下や失明することがあります。
  • 睾丸の症状:睾丸の圧痛を伴う睾丸炎が起こることがあります。
  • 呼吸器の症状:稀に気管支動脈の症状があります。
  • その他の症状:体のどの臓器にも血流障害が起こることがあるため注意が必要です。

生活の注意点

血管に負担をかけないように心掛けることが重要です。 特に、喫煙、肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症などの動脈硬化の危険を高める要因に気を付ける必要があります。 また、治療によって免疫が抑制されている場合は感染症にかかりやすく、血管炎の病状を悪化させることもあるため注意が必要です。 規則正しい生活をして、精神的にも肉体的にもストレスを最小限にする生活を心掛けることが重要です。

一覧を見る

Page Top