いたみの治療研究センター|霞が関アーバンクリニック|虎ノ門駅|関節リウマチ|線維筋痛症|掌蹠膿疱症|乾癬|いたみとかゆみ|

電話番号
日本リウマチケア財団登録リウマチケア看護師(在籍)

〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル1階

医療法人社団虎の門会
いたみの治療研究センター

休診のお知らせ
医療法人社団虎の門会 西岡記念セントラルクリニック
一般財団法人 難病治療研究復興財団
ARATA 友利新 TOMORI ビューティ診断室
 
トップページ»  いたみの治療研究センター

「いたみ」は重要な病気のサインです。身体のどこかに出た「いたみ」をいつもすぐに治るからといって放っておくと慢性化してしまって治りづらくなったり、その「いたみ」に隠れている重大な病気を見逃してしまうことがあります。原因不明のいたみが続く時は、放っておかずに専門医がいる医療機関を受診して適確な診断と治療を受けることが大切です。特に、リウマチ性疾患、自己免疫疾患、神経系難病のいたみは症状がとても似ているので、経験豊富な専門医がいる医療機関をなるべく早く受診することが治るための大切な「カギ」となります。
「いたみの治療研究センター」は、リウマチ性疾患・自己免疫疾患・神経系難病等のいたみを伴う難治性疾患の「いたみ」に焦点を当てて、初期症状での診断といたみのコントロールが可能となるように、様々な角度から解析を加えて病因・病態の解析及び治療研究・創薬開発の推進を目指して設立された「いたみ」に特化した研究センターです。

慢性疼痛・リウマチ性疾患・自己免疫疾患・神経系難病などのデータ集積
慢性疼痛・リウマチ性疾患・自己免疫疾患・神経系難病などのデータベースの構築と解析
線維筋痛症の病因・病態解明のための解析及び治療薬・治療法の研究
SAPHO症候群の病因・病態解明のための解析及び治療薬・治療法の研究
慢性疼痛等の病因・病態の解明のための解析及び治療薬・治療法の研究
Page Top